ここにいるよ




また駐車場ネタです(汗)。


何百台、何千台と停められる巨大な駐車場ってありますやん。
ショッピングモールや公共の駐車場、高速のサービスエリアなどなど…。




ショッピングモールだと、1〜3階がモールで、4〜8階が自走式の駐車場だったり。
公共のものだと、地下に自走式の立体駐車場とか。
サービスエリアなら、だだっ広い平面駐車場とか。




僕、あの広〜い駐車場、苦手なんですよね〜。

同じような光景が広がり、「あ、ここ空いてるわ〜」と何も考えずに車を停めてしまうと、
あとで、どこに停めたか分からなくなってしまうんで。


そういう僕のようなオッチョコチョイの人むけに、多くのところではアルファベットと数字を組み合わせて
「A−2」とか「B−3」などのような駐車区画番号が振ってあると思います。




過日も、某地下駐車場に車を停めたのはいいけれど、肝心の駐車区画番号を失念してしまい、
「おれの車どこいった〜!」と広い駐車場内を行ったり来たり。

さらにそのときは、駐車した階層も分からなくなりオロオロしながら自分の車を捜しましたわ。
そして見つかったときの嬉しさといったら!(笑)。




鈴鹿サーキットでのバイクのイベントへ行ったときは、
パドック駐車場に雑然と数千台のバイクを停めるスタイルでしたので、
おおよそ停めた場所を覚えておかないと、本気で泣きを見るハメになります。


↓こんな風に(※写真中央のポールは見栄えの加減で色を修正しています。以下同様)





自分のバイクのナンバーを覚えてなかったら、同じ車種の他人のバイクに間違って跨ってしまいそうで、あなおそろしや(((;゚Д゚)))




たくさん停まっている車の中から自分の車を素早く見つけるには、どうすればええのやろう。

↓大きな旗を立ててみようか。



うーん、分かりやすいしけど、目立つし恥ずかしいな(///∇///)




↓もしくは、狼煙(のろし)をあげようか。



これでは車両火災みたいではないか orz




…ということが往々にして起こるからか、
車のリモコンキーにはアンサーバックなんてものが付いてるものがありますね。

リモコンのボタンを押すと、車のハザードランプが点滅したり、
ピピッと音が鳴って
「ここにいるよ」って合図してくれます。



屋外の平面駐車場だと電波がそこそこの距離を飛ぶらしく、遠方からでも車が反応してくれて見つけやすいみたいです。
まぁ、僕のように地下の立体駐車場で階層を間違ってたら何の役にも立ちませんけど orz


もしくは、GPSとスマホを連動させて車の位置を地図上で確認するとか…
(でも、地下や立体駐車場ではGPS電波を受けられへんか…)。


結論。やっぱり自分の記憶力に頼るのが一番かな。頭も使ってボケ防止にもなるし(笑)。



今回のオチはコチラの新聞記事にしましょう。(※横長だったのを縦長に直しました)





この方はいったいどういう場所に車を停めてたんでしょうね。それが知りたいわ(笑)。




資料引用:毎日新聞 2015年9月1日付夕刊