タダになるのはいつの日か




皆さんのお住まいに近くに有料道路はありますか?

僕の住んでいるところだと、嵐山高雄パークウェイとか、比叡山ドライブウェイとかがあります。



一方で、かつて有料道路だった道も少なくありません。
たとえば、東山ドライブウェイとか、エンゼルラインとか、湖西道路とか、近江大橋とか…。


これらは無料開放され、現在では自由に通行できる一般道となっています。



一般的に有料道路として造られた道は、大幅な利便性向上や観光道路としての要素が強く、
建設費用を利用者に公平に負担してもらおうという側面があります。



そして、建設費用を償還出来た有料道路は無料化して一般道路とし、
自治体にその後の維持管理をゆだねる仕組みをとっています。
上で挙げた元・有料道路はその典型です。




ただ、各自治体に譲渡された元・有料道路の維持管理は税金で行うため、
体力のない自治体は悲鳴をあげている現実もあります。


ニーズもないのに格好つけたかったのか議員のエゴなのか、ド田舎に立派な観光道路なんぞを造ってしまい、
無料化した現在ではメンテナンスもロクにされず荒れ放題…なんて例も知ってます。
どこの道かとは書きませんが (`∀´ハ|




現時点(2015(平成27)年)で、はやく無料化してほしい道路は、琵琶湖を横断する琵琶湖大橋ですね。




この橋も建設費用を償還できたら無料化する予定で、2020(平成32)年ころにそうなるはずでした。

ところが、風向きが変わってきたのです。








琵琶湖大橋へのアクセス道路の建設費用まで琵琶湖大橋利用者に負担させようとしてきたのです。
しかも、負担感を減らすために値下げをして。



おかげで琵琶湖大橋はさらに10年間ほど有料期間が延びてしまいました。
それが終わることには「また維持費が」とか言い出して恒久的に有料にしてしまいそうな気がしてなりませんわ。


償還が終わったら無料化するはずだった高速道路が、いつの間にか赤字路線の建設費用回収のため
「永遠に料金徴収する」にすり替わったのとのと同様に。



それから、現在20円となっている原付(125cc未満)の通行料金の値下げとETC割引は無いのでしょうか…。



資料引用:京都新聞 2015年9月11日付朝刊