5位 京都ホテルオークラ 58m




京都市内で、京都タワーに次いで建てられた高層建築物です。 




「京都ホテル」としての開業は1895(明治28)年。
2002(平成14)年からオークラホテルの一員となり、現在の名称となっています。



現在の建物は1994(平成6)年に完成したものですが、
やはり「古都京都に背の高い建物はいらない」と反対運動が起きました。


京都仏教会「京都ホテルの宿泊客は社寺仏閣への参拝を禁止する」などと言ったり、

突然、京都ホテル側が「高さを45mにして建てる」と言ったり、撤回したりで、相当に物議を醸しました。


でも、建ちました。 


当時、建物と言えば11階までしかなかった京都市内で、
17階まであるというのにインパクト覚えました。


ちなみに、「河原町通り」をはさんだ西隣に、京都市役所がありますが、
戦前の建築でオマケに4階建てなので、異常にみすぼらしく見えます(笑)。