恥ずかしい転倒方法



車と違いバイクである以上、いつかヤってしまうことがあります。



転倒



誰だって経験があるでしょう。
あ、そこの「ない」とか答えてる方!
決して恥ずかしいことではないんですから、正直になったほうがいいですよ(笑)。


----------


車輪が2つしかないので、地面に接してる点も2つ。
これではバイクだけで自立など出来るはずがありません。
でも走行中にコケないのは、回転体(この場合、車輪)にジャイロ効果が働くからだ…と、以前どこかに書いた記憶が。
停車時は足を着いたり、スタンドをかけることで接点を3つ以上にしてやることで、コケることがないわけです。



…なんでこんな当たり前のことを理屈っぽく書かなきゃいけないんだ???



いくら走行中にジャイロ効果が働いていても、物理的な限界を超えてしまうとバイクはコケます。


コーナリング(カーブを曲がる)時は、バイクを曲がる方向に倒しこみますよね。
その際に倒しすぎてタイヤのグリップ力を超え踏ん張れなくなると、スリップし、転倒する…これをスリップダウンと言います。
リアタイヤのスリップなら、立て直すことも出来ますが、フロントタイヤのスリップなら、ほぼ確実にコケます。


タイヤのグリップ力が無くなり、コケる…!瞬間にグリップ力が回復しバイクが起き上がり、
乗ってる人がコーナーの外側に飛ばされるという転倒
があります。
これをハイサイドと言い、とても危険な転倒です。
外側に飛ばされるというより、空を飛ぶ感じですね。どっちにしてもスリップダウンよりダメージは大きいです。



これらを回避するには、
コーナリング中にブレーキを使わない
とか、
アクセルを開けすぎないとか、
バイクを倒し過ぎないなどが
あります。


要するに、控えめに走れば大丈夫ってこと。


控えめといっても、スピードが遅すぎると、バランスが崩れやすく、その瞬間に重力に引かれて転倒しますのでご注意。
僕もジムカーナで失速して立ち直れずコケたことはありますからね。


言葉で説明するとわかりにくいですねぇ。絵を描こうと思ったのですが、下手なのでやめました。


----------


さて、本日のコラムの本題は、出来ることなら一生避けたい、せめて他人には見られたくないコケかたです。


その名は、立ちゴケ
読んで字の如し、停車中にボテッとコケることを指します。

・信号待ちしているときに、地面についてる足の膝が突然カクっとなってコケてしまったとか、
・足を着こうとしたら、そこだけ地面が陥没していて着地できずバイクもろともコケたとか、
・停めていたバイクのスタンドが拍子で外れてひとりでにコケたとか、
バイクを押して歩いているときにバランスを崩してコカしてしまうとか…。


ああああ!どれをとっても恥ずかしい!!


いくら服装やバイクがバッチリ決まっていても、立ちゴケしたらすべてがダイナシです。


周囲の失笑の中、顔を真っ赤にしてバイクを起こす…。


まだ小さなバイクならすぐに起こして何事もなかったかのようにごまかせますが、デカいバイクだとそうはいきません。
起こすのに手間取り誰がどう見てもバイクをコカしたのが丸わかりです。
考えただけでも、頭からフトンを被って現実逃避したくなります…
いや、そんなものでは済まされない。今すぐに世界が破滅してしまえばいいのにと思いますわ(笑)。


かく言う僕の初転倒は、実は立ちゴケでした。
思い出すのも はばかられるのですけど、ネタのために僕の頭から記憶を取り出した…あの日の出来事。



バイクに乗り始めて2ヶ月。
今より若きえいまる青年が「相棒」と初ツーリングで滋賀県長浜市に住む友人を訪問したときのことでした。


怪しい走りで湖岸道路をクリアし、自宅から90km近い目的地のJR長浜駅に着きました。
それまで長距離を走ったことが無かった僕はひどく緊張していたのですが、
到着して緊張の糸がプツンと切れてしまったのです。


着いていた左足の力が抜け、「あッ!」と思った次の瞬間にはバイクにまたがったままコケていました。
ただ、救いだったのは、左側に高さ1m20cmくらいの塀に沿って停車していたので、
バイクごと それにもたれ掛かる形で済んだことでしょうか。
だから、周りの人からはコケたようには見えてないでしょう。多分。


あわてて塀を押して何事もなかったかのように立ち直れました。
運良く友人も遅刻してくれたので、僕のNGを見られず、面目は保てました。


それでも「相棒」の左側にはキズが付き、自尊心にもキズがしっかりと付きましたけどね……ああ(嘆)。



----------


……ところで、車が転倒したらどうなるの?

それは「事故」ですがな!!