【歩楽】京都発、トランジットモール作戦



私たちの古都、京都。
悩みのタネのひとつが、観光客の3割が利用している、車
そのために観光地はおろか、その周辺道路まで大渋滞になることは、何度もHPで指摘しています。
行楽シーズンには「パーク&ライド」実験も行われていますが、いまひとつ。

そこで、このたび 京都市街の中心部で
トランジットモールの交通社会実験を行うことになりました。
実験名は「歩いて楽しいまちなか戦略」



トランジットモールとは、歩行者専用道路(ホコ天)に近いのですが、

ちょっと違うのは、
バスやタクシーなどの公共交通機関だけは通行可能な点です。
この実験では、
市街の中心を東西に貫く4車線の 四条通(川端四条〜烏丸四条間)の、
中央2車線をバス・タクシー専用とし、


外側2車線+元からある歩道を歩行者専用道路
にしようというものでした。
また、四条通周辺の道路(蛸薬師通〜綾小路通間の寺町通〜東洞院通)も封鎖し、
ホコ天
としました。



一般車両は完全シャットアウトし、
京都を、「車中心の街に代わって歩行者と公共交通機関を中心とした、
歩いて楽しい街にしよう」
が今回の実験の趣旨です。
100万都市では国内初の試みだったそうです。



2007(平成19)年10月12日の17〜20時と、
13・14日の12〜20時
に行われ、
僕は10月13日(土)の夕方、向かいの家の旧LEADを拝借し、実験の偵察に向かいました。



------



さて、我らの山科から西へ 山をひとつ越え、京都市街に入ると、
大量の車が車道いっぱい、溢れんばかりに停まっています。あ、いや、停滞しています(笑)。

土曜の夕方とはいうものの、ありえない位の渋滞です。


実験を知らない一般車両が御池通や烏丸通にあふれ、混乱の模様。
その横を何事もなかったかのように旧LEADで走り去る僕(笑)。



堺町御池から堺町通を南下し、四条通へ。



四条通の2本手前の通り、蛸薬師通に差し掛かると 警備員が多数いて、
そろって「アカンアカン」のジェスチャーでニンジン棒を振っています。

ここから南側がホコ天・トランジットモール規制区域です。



これからが原チャの真の力発揮ですよ。
とりあえずエンジンを切り、メットをメットインに仕舞い、旧LEADをごろごろ押して規制区域に入っていきます。

ガードマンに「(ご協力)ありがとうございます」と声をかけられます。

ふふふ、狭く一方通行の蛸薬師通も車で渋滞。
その先の烏丸通も渋滞しているので、ここの車列は一体いつになったら逃げられるのでしょうか。
ま、僕の知ったこっちゃないけど(冷酷)。


ちなみに自転車も走行禁止。皆さんマジメに自転車を押して歩いてます(笑)。

ごろごろ…(旧LEAD)、テクテク…(僕)。バイクが重い。暑くなってきたわ(笑)。


実験の本場、四条通に到着です。



そこには、信じられない光景が広がっていました。
いつもの、車のごった煮のような四条通が整然としている!!

4車線の車道の2車線分を歩道として拡張した中を、ゆったり歩く人たち。
あいだの2車線だけとなった車道をバスとタクシーだけがスイスイ走ってる。


これが本当にあの四条通なのか?!奇跡としか思えない!!


興奮しつつも外見は平静を装い、僕も旧LEADと散歩。
拡張された歩道は木製のバルコニーっぽく仕上げてあるところが何ヶ所もあり、
ヨーロッパでよく見かけるカフェテリアをイメージしたテーブルやいすも設えてあります。


また、歩道と車道を区切るものは、前回の無粋な赤いパイロンではなく、
環境に配慮した(らしい)リサイクル段ボール製の柵
金をかけずにオシャレに仕上げてあります。



しかし、車道化した歩道と、もともとの歩道との間の段差が解消されてない個所もあって、
旧LEADを持ち上げるハメにもorz 

うう、重い重い!
なのに、すぐ脇にいるガードマンは手伝ってくれへんし(怒)。



肝心の四条河原町交差点は車道の歩道化をしてないので狭いのと、信号待ちの人で滞留。

旧LEADを押してるおれ、明らかに迷惑な人ですわ(涙)。信号が変わって人々が横断し始めるまで身動き取れませんでした。
角に停めたパトカーを除けてそこも歩道にしてよ!!



いいことばかりではありません。
運送会社のトラックも規制区域に入れないので、周辺の学校の校庭や駐車場などを荷捌き場として開放。
そこからカートでお得意さんのところまで運んでいます。
時間に追われているのか、走りまくっていますよ。かわいそうに。


規制区域内のコインパーキングなどは当然客が来ませんので臨時休業
その損失補填はナシです。ますますひどい。


------


実験結果は次のようになっています。

トランジット(略)の四条通は車の交通量が4割以上減少。あたりまえですね。
11ヶ所の無料臨時駐輪場で7000台あまりの利用
四条通の歩行者数は2割以上増加…となりました。




実験後のアンケートでは、意見が大きく分かれています。

【Q】徒歩と公共交通機関を中心とした、歩いて楽しいまちづくりを進めるべきか?
   そう思う  どちらでもない そう思わない
地元住民 61.0% 20.5% 18.5%
来訪者 87.8% 8.7% 3.5%
地元事業者 51.5% 23.7% 24.8%



これは大方予想された通りの結果ですね。
京都の事情を知らない人から見たら、京都市の行っている一連の実験は良い試みのように思えます。


が、いつものことですが、
京都市で行われる社会実験は、結構「場当たり的」というのか「詰めが甘い」んですよね。


そして、他地域向けのPR不足のため、事情を知らない車が規制区域周辺に集まって、ぐちゃぐちゃになる、と。
今回もかなり歩きましたが、そういったものをやはり感じましたね。



規制区域を抜け、再び旧LEADで渋滞する道を走りながら、
社会実験のために生活に支障をきたしている 地元の人たちに同情したくなりました。



参考資料:「市民しんぶん 平成20年1月1日号

←たかが49cc〜 へ
←わがまち、京都 へ
←お品書きへ