進化したPCX兄弟




先月(2017年12月)開催されました、大阪モーターショー
基本的には車の展示がメインなのですが、ちょっとばかりバイクも紹介されています。



その中で、車とバイクの両方を展示していたホンダ




累計生産1億台を突破したスーパーカブに、





フルモデルチェンジのゴールドウィング





キュートな、AI(人工知能)搭載のコンセプトカーに…。




そんな中で、僕の目に留まったのはコチラでした。




125ccスクーターの雄、PCXです。



なんで今更たくさん走ってるバイクを…とお嘆きの皆さん、まぁまぁ焦らずに。
モーターショーでも食傷気味なのか、あまり注目されていませんでした



ですが、この2台のPCXは、バイクの新たな歴史を刻むモデルなのですよ。

↓ボディ側面に注目





紺色のほうはハイブリッド(HV)です。
白いほうは電動(EV)です。



HVバイクは世界初
125ccクラスの普及型EVバイクは、バイクメーカーとしては初(だったはず)です。


両方ともコンセプトバイクではなく、市販予定モデルですよ!




車の世界ではすっかり市民権を得ているカテゴリに、バイクがようやく追いつこうとしています。



HVのほうは、スクーターが苦手としている上り坂での再加速をモーターがアシストする
「マイルドハイブリッド」という仕組みを採用し、スムーズな加速を実現しているそうです(と、バイク雑誌には書いてありました)。




EVのほうはマフラーがないため、リア周りがすっきりとした印象です。




バイクは「お手を触れないでください」状態でしたので、跨ることは出来ませんでしたが、
手を目いっぱい伸ばしてメーターパネルは撮影しましたよ。



【HV】



燃料計と充電計があり、モーターの稼働状況も分かるようになっています。



【EV】



ガソリンスタンドのマークが見えますが、実際には電力計です。




…と、今現在で両者のPCXについてお伝えできるのはこれだけです(笑)。


消化不良をおこしそうですが、会場内はもちろん、パンフレットにも一切の詳細が記されてなく
姿は見せたものの、謎だらけなんですよ。



ホンマに発売するんやろうね?