自己防衛の掟



ことしも「その時」がやってきた。
その名も、秋の全国交通安全運動。



中央交通安全対策会議によると、


この運動の目的:

広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り,交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに,

国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより,交通事故防止の徹底を図ることを目的とする。

だ、そうです。


重点:

(1) 高齢者の交通事故防止,特に薄暮時における歩行中の事故防止

(2) シートベルトとチャイルドシートの着用の徹底

だ そうです。



文章を打つのが面倒くさかったから、某県警のHPから文章をコピー&ペーストしちゃいました。
それにしても、表現が無意味に難しい。分かりにくいなぁ。

一文が100字程もあるのも、長すぎ。人に読んでもらうことなどまるで考えてないね。
お役所の体質そのままやん。
どっかの島国のレベルの低い党首選挙なんかどーでもいいから、すぐにこういうところを改めろ!


ハイ、また自分の首を絞めました(笑)。


まぁ、批判はそのくらいにして、
文面からだけだと、やってることは、スゴく良いことのように思えるね。


だけど、交通安全運動は、春と秋にそれぞれ10日ずつしか行われない。(一部例外あり)
たった年に20日間だけ「運動」をして何の意味があるのやろうと、いつも思ってる。


あとの345日はどうでもいいのか?
交通社会は1日だって、1分1秒だって止まることは無いんやから、年中やったらいいではないか。


それも大目に見よう。

だけど、その期間だけ取締りが厳しくなるのと、どういう関係があるのやろう?


ちょっとの速度超過で逆三角形のレッドフラッグ振ったり、一旦停止の標識の陰でカクレンボしたり。
路駐車両のタイヤにチョークを引くのはやめてくれよ。洗ってもなかなか落ちないやん。


上に挙げた、テレビで「交通安全運動」について、「“重点”についてのイベント」を報道してるのは見たことあるよ。
でも、実際にやってるところを一度も見たことが無いぞ!


やたら「取り締まり活動」という名の「点数稼ぎ」「冤罪作り」にいそしむK官の姿が目につくばかり。


絶対、本音は「交通違反の検挙ノルマ達成運動」だと思う。


K察官の昇進は「実績(点数)」が深くかかわってくる。
たとえば、交通違反を検挙しても、それは「実績(点数)」としてカウントされる。
そりゃ、熱も入るわなぁ。自分の将来にかかわってくるんやから。

交通安全のイベントなんて「実績」にはならないから、片手間でやってるんじゃないの?と思うわ。


そして、交通違反をすると払わされる反則金や罰金はどこに行くのでしょうか?
それは、国に「交付税及び配布金特別会計」として納められます。
すると、反則金や罰金は税金なの?と疑問がわくはず。


そのとおり。
国の「歳入」項目に、どさくさにまぎれて入っています。


裏を返せば、国自らが「歳入で計上されてる分は、ちゃんと検挙しなさいよ」って、
K察にハッパをかけてるようなものではないか。



全国で年間に、交通違反による検挙が900万件もあるのは、
「検挙数、900万件がノルマ」とも考えられる。

毎年そのくらいの件数やからね。


バカバカしい。本当に平和な交通社会を作りたいのなら、こんなしょうもない収入を当てにするな!!!


まぁ、今のおバカな体質が治る気配は無さそうだし。
法を一番守らなきゃいけないK官が飲酒運転して交通事故を起こすくらい腐敗しきってるから。


それなら自己防衛に走るしか方法は無いでしょう。
自分の免許は自分で守れ!


特にバイク乗り、とりわけ法律でがんじがらめの原チャ乗りは格好の餌食ですから、しっかりガードしてやる必要があります。


と、いうわけで、僕は交通安全運動が始まる前に手を打ちました。
いつもHP上でコケにしてる滋賀県へLEADで行き、大津市内のカー用品店「ロードスター」に行き、こんなものを買いました。


え?コケにしてる割に、どうして大津市に行くのかって?
だって、住まいは確かに京都市ですけど、大津市に出たほうが近いんやもん…。



えへん、気を取り直して。

これです。

レーダー探知機、1万9800円。
よくやってるネズミ捕りはもちろん、オービスやNシステム、警察無線や、カー・ロケーションなども傍受して、
音や光で警告してくれるスグレモノです。
レーダー探知機


もっと安いのでもいいやと思っていたのですが、店員さんが、「最新型のほうがより良いですよ」と勧めてくるので、
ついつい高い最新型のを買ってしまいました(笑)。
これで、交通違反とオサラバ出来るなら、安いもの。


ソーラー式なので面倒な配線も不要。吸盤でかんたんに張り付けられます。

これを車には付けず、「2相棒」のスクリーンに付けてみました。
収まり具合がいい感じです。

ステーの角度を変えれば、LEADのメーター部分や、スクリーンの無いバイクのタンクにも張り付けられそうです。

その夜、大阪に仮住まいの悪友「真宗Jr」こと「T」が大阪に遊びに来ないか、と誘ってきたので、
早速レーダー探知機付き「2相棒」で出陣。

バイクでは警報音が聞こえないのではとお思いでしょうが、探知機のボリュームを最大にし、
エンジンを控えめに回していたら、しっかり聞き取れます。

道中にそれらしき物体に近づくと、しっかり警告してくれます。出だしはOKです。
スクリーン内側、メーター類の上に設置してあるので、見落とすこともそうそう無いでしょう。


阪神高速を走りましたが、探知機の感度が良すぎて、オービスのかなり手前から警報音が鳴り響く。
「最高感度」は敏感すぎやで。


カメラのフラッシュにも反応するんやから。
↑の写真を撮ったときにも「Nシステムです」と音声が流れるし。真夜中なのにデリカシーの無い機械や。


信号待ちで停まってる時に警報が鳴り出すと、ボリュームが最大になってるので、そこらじゅうに聞こえ、
周りの車やバイクの人が怪しい目をこちらに投げかけてきます。メッチャ恥ずかしい〜!


その割りに阪神高速上で出遭った覆面パトカーには反応しませんでした。
覆面はレーダー波を出してないのかなぁ。
バイク乗りにとって一番怖い存在に反応しないとはどういう了見なんや?



1万9800円も出して買ったんやぞ。
ご主人様の点数を守るべく、投資した分くらいしっかり働けよ!
所得税と住民税が高くて泣きが入ってるのに、これ以上余計な税金を払ってられるか〜!