公道へ繰り出せ自動バス!




いよいよ始まります。国主導によるニホンの公道における自動運転車の実証実験が。


乗用車は日産が4年ほど前に自動運転車でナンバーを取得していますが、それ以降動きが見られないんですが…実験進んでます?
(→コラム「本当の意味での『自動』車」)


それに対して、国…正確には、国土交通省ですが…が実験に使うのは国産車ではありません。
フランス製のバスタイプの小型車両です。


いつものように新聞記事を貼り付けますので、セルフサービスで読んでくださいな。






要約すると、

・高齢化の進む過疎地の道の駅を拠点に実施

自動運転車専用の道路を走る

貨物輸送も出来るか検証

・「バス」の
速度は小走り程度



やはり、公道で自動運転となると慎重になるんですかね。


アメリカでは自動運転車でピザの宅配の実験をするって言ってるのに。だいぶん遅れをとってますやん
(あの国のやることに無理して追いつかんでもいいですけど(笑))。


------


バスというと、京都市内路線バスが縦横無尽に走っています。

しかも、運転のクォリティに相当なバラつきがあり、
たまにジェットコースターのようなバスに当たると、ハラハラして無事に着けるんやろうかと不安になることもあります。



なので、過疎地で地味に実験してないで、京都市内でやってくださいな(笑)。
ダイヤが乱れるのは観光地の性なので構いませんけど、せめて運転レベルは揃えてほしいねん…。



記事引用:京都新聞 2017年8月30日付夕刊