早生まれvs遅生まれ



小学生や中学生くらいのころまでは、誕生日が早く来る人が、「先をいってる!羨ましい!!」って感じが僕にはありました。


どこで読んだか忘れましたが、
小学校低学年くらいまでは、同じ学年でも生まれた月によって体力や学力に差がつくことが
ハッキリしているそうです。



当時はそんな細かいことを考えもしませんでしたが、考えてみてください。
4月初旬生まれの子どもは、3月下旬生まれの子どもより丸々1年ぶん成長が早いことになります。
たかがその程度、のことでもないです。たとえば小学校1年生の1年間はそれまでの人生の14%に相当します。
日々心身ともに成長する子どもにとってこの差は非常に大きいですよ。


だから、「お受験」や、スポーツの早期育成をするに際して早生まれの子どもは確実に不利になる…と。
3月終盤に誕生したした我が子の出生届を4月初旬にしてしまう親がいるのは、
ひょっとしたらそういうことを先読みしているのかもしれませんね。
アホらしい。


そういう誕生日による差も小学校高学年にもなると無くなってくるとのこと。
いつまで経っても自分の能力が伸びないのは早生まれのせいだとか、親を逆恨みしないように!(笑)


------


ですけど、僕のHPを読んでる皆さん(返す返すもありがとうございます)ぐらいのお歳ですと、↑とは正反対なのでは?

誕生日なんて二度と来て欲しくないとか、
4月早々に歳をとった友人
(例:「西(仮名)」を「年寄り」とか言ってからかったり、
早生まれの友人
(例:「真宗Jr」こと「T」が「おれだけ1歳若い」とか言って自慢したり、

思  い  当  た  り  ま  す  よ  ね  ?



僕なんか、誕生日の9月が近づくとウツ病を発症しますからね。
ついこのあいだ誕生日過ぎたばっかりやのに!!もう1年も経ったなんて認めんへんど!!(# ゚Д゚)って毎年思います(爆笑)。
年々、1年が過ぎるのが早くなってる気がしますからね。
おれ、こんな歳でそれを感じるなら、60代とか70代とかになったら嵐の勢いで一年が過ぎ去るのやろうか。



そんな誕生日にまつわるエピソードから、HP向けの内容を切り出してみましょう。
今まで生きてきた中で、大きな変化を感じざるを得なかった誕生日をあげてみました。


16歳の誕生日、高校1年生だった僕は、高校入学早々にバイクの免許を取ってるやつを見て、先を越されたと感じたものです。

18歳の誕生日、夏休みにこっそり教習所へ通っている同級生を尻目に、なんでおれは2学期生まれなんやッ!と思いました。

20歳の誕生日…少年法の適用がなくなり法律上の大人になったことを否応なしに感じさせる「ハタチのバースデー事件」がありました。
意味が分からない人は分からないままで結構ですので(笑)。



それを思い出させたのは、こんな記事でした。

鹿児島県錦江町は高校生の通学用に限り15歳でも原付免許を取得可能にする構造改革特区計画を政府に提出した。

バス利用者の減少で、町内を走るバスが廃止される。
廃止後は県の補助を受けて代替バスが運行される予定だが、利用状況によっては将来的にはこれも廃止される可能性がある。

そこで役立つのが原付通学だ。だが16歳以上で取得できる原付免許は4月生まれの人なら高校入学後すぐに取得できるが
1年近く取得できない生徒も出てくるなど「誕生日によって権利が制限されるのは不合理」
が特区の提案のきっかけになった。

原付免許が取れない16歳未満の1年生の場合、保護者が自家用車で送り迎えするか、下宿する以外、通学できなくなる恐れが出ている
通学の足を確保することは、同町の高校生にとって切実な問題なのだ。


とあります。

誕生日の差をなくして一律に扱おうというのが↑の趣旨ですが、いいことだと思います。(この特区が認められたかどうかは不明)
ニポンの年度は4月から始まるのですから、年齢制限のあるものに限り、年度の途中の誕生日からどうのこうの…ではなく、
数え年みたいに、年度の初日(4月2日)に、4月2日〜翌年4月1日生まれの人は
一律に(行政上の)歳をとる
、といった方法を使うのがよさそうに思いますね。
そのほうが分かりやすいし、不公平もなくなりますから。



それを痛烈に感じたのは先日あった中学2年生の3人の生徒によるホームレス殺人事件です。

右の図を見てください

刑法に触れる行為があった場合、14歳未満は「触法少年」で刑事責任を問われません
(極めて重要)。
が、14歳以上は「犯罪少年」として大人同様に逮捕され家庭裁判所の判断によっては検察官送致(逆送)にも
なりえます。

13歳の生徒は非行事実として補導され児童相談所に通告。
相談所から家裁に送致され観護措置が決定、少年鑑別所に収容。
「14歳未満の少年の触法行為は罰しない」定めにより、
殺人を犯しているのに、少年B・Cは無罪同然です。(少年Bは強盗容疑で逮捕されてますが…)。

少年Cに至っては少年A・Bと同学年なのに遅く生まれたという理由だけで得をしてしまいました。

こういうときに、中2だから逮捕した…って出来ないものかと思ったんですよ…。


参考資料: JAFMATE 2006年10月号
京都新聞 2006年12月29日付朝刊