オープンバス




僕が車があんまり好きじゃないのは、仕事で毎日のように運転しているからだけではなく、
もともと閉鎖された空間が苦手だからです。


特に屋根
アレが圧迫感を増大させてどうもアカンのんですわ。
それがたとえ室内高の高い大型ミニバンだったとしても、ですよ。




行き交う車を観察していると、窓を締め切ってエアコンを効かしてるだろう車が大多数のようですが、僕には考えられませんね〜。

だって、僕が車を運転するときは猛暑や極寒でもない限り、窓は全開で、
自然の風を取り入れて少しでも開放感を得ようとしてますもん(笑)。

自衛隊員みたいにトラックの荷台に乗っかって移動するのなんて最高ですやん。え?違反?!そんなん知らんがな(´・ω・`)




もっと開放感が欲しいから、今乗ってる中古車を買うときにでも、
屋根切ってサンルーフを取り付けろ〜!!(゚Д゚ )
 と ディーラーで駄々こねたのは公然の秘密です(笑)。



窓全開で一文字眉の髭坊主デブが運転し、
ユーロビートかお子様向けアニメソングを垂れ流している紺色のフリードを見かけたら、それは僕かもしれません(笑)。
滅多に車は運転しませんので、レアポケモンよりレアですぜ(ΦωΦ)

(友人に「恥ずかしいからアニソンは止めてくれ」と言われたことがありますが、プライドのない僕にはどこ吹く風です(´ー`))


願わくば、車に乗らずに済めば万々歳なんですが、そうもいかないこともありますからね〜。




つまるところ、個人的に好きな車は屋根がパカッと開くオープンカーになる、と。
以前、ダイハツのコペンをコラムで取り上げた(→コラム「着せ替えグルマ」)のも、僕の好みが強く出ているんですね(笑)。
屋根無し車両推進委員会会長に就任しますわ(笑)。



で、乗用車だけではないんです。屋根がパカッと開く乗り物。




京都でも登場したコチラのバス。





屋根がありません。オープンカーならぬ、オープンバスです。



「スカイバス」と言う名称で定期観光路線で運行しています。






観光バスの欠点は「観光」なのに座席からの車窓が狭いってことですよね。
ならば屋根を取ってしまえ!となったのでしょうか。大胆ですね。


開放感バツグンですやん。
着座位置も高いのでトラックの荷台より見晴らしもいいですし。なんてったって、見上げたら青空ってステキ☆
聞くところによると、平安神宮の大鳥居をくぐるときが最高らしいです。
屋根のあるバスからではあの迫力が得られませんからね〜。







屋根無し車両推進委員会会長の僕としては、スカイバスに乗ってみたいんですけど、
問題なのは、地元の観光をして何が嬉しいのかと…。

バイクで同様の解放感をいつも得ているだけに心中複雑です(平安神宮の大鳥居なんて毎日バイク通勤でくぐってるし(贅沢))。
もしかしたら、新たな世界が待ってるかな…?