別にエエやん、20キロオーバーくらい




会社勤めなど雇われの身になると、年に2回健康診断を受診することが決まりとなっています。


それを面倒くさいからといって受けてない人がチラホラいるんですよね〜。
でも、大体25歳あたりから老化が始まります。イヤでも始まります(笑)。


20歳チョイくらいまでは、放っておいても勝手に体が成長していたのが、
今度は放っておくと どんどん衰えていきます。放っておけばおくほど加速度的に衰えていきます orz

そういう身体の状態を把握しておくためにも、健康診断は受診しとくべきですよ〜。なんたってタダやし。
ま、タダといっても僕らがお金を払ってないだけで、社員の健康管理は雇用主(会社)の責任という観点から
費用は雇用主負担なので、ちゃんと会社が払ってくれてるんですけどね。


タダで健康状態を調べてもらえるありがたみが分からない人は、病院等で実費で健康診断を受けてきなさい

目ェひん剥くような金額を請求されるから(笑)。



その結果によると、この歳になっても成長著しい僕の現在(2013年)の体重は92kg
身長からはじき出された標準体重は……たったの67kgだとか。この体重の頃は「イチローに似てる」とよく言われたもんや(遠い目)。

いやぁぁ〜25キロもオーバーしてるやん!!




しかしご安心を。こんな新聞記事を見つけてしまって
胸をなでおろしている僕がいる↓





見ろ!

場合によっちゃ20キロオーバーくらい問題ないと言わんばかりではないか。

おれの92キロは問題な〜し!!
これにて一件落着♪


…え?キログラムじゃなくてキロメートルやないかって? はて、なんのことやら  |彡サッ



------



歯に衣着せぬ発言で何かとお騒がせしている新鋭(?)政治家の本音が物議をかもしている中、
公安委員会のトップまでもが本音トーク炸裂


なんと速度オーバー容認を公言しちゃいましたよ〜〜!!

バンザーイ!バンザーイ! ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ってコレ喜んでいいのか?!



僕にしても過日のツーリング大会では、ルートの大半が50km/h制限でしたが、
フツーに70km/hで先導してましたからね。
状況状況に応じて、どこまでスピードアップしても大丈夫かを常に考えながら速度の調整を行っていました。



僕に限らず、常に制限速度以下で走るなど「法令順守」の人は悲しいかな少数派ですやん。
それに、大臣も言うように少々の速度オーバーでは警察も見て見ぬふりをしてるやん
法律違反やのに。現行犯やのに。




普通、違法行為を働いたらタイホされて検察に送られて裁判にかけられて有罪になって罰金を払わされたり刑務所でコキ使われたりするやん。



だけど、
5km/hオーバーで捕まったとか、ないでしょ。
10km/hオーバーでオービスに写真撮られたとか、ないでしょ。
30km/h未満のオーバーなら検挙されても青キップ渡されて金払ったら無罪放免でしょ。

所詮その程度のモンなんですよ、制限速度を守らないことなんて。



だから僕は、標識の数字は目安速度と捉えて良識の範囲内のスピードで走っています。




逆にこれを実情に沿った制限速度(例:50km/h→70km/hなど)に引き上げて、
ちょびっとでも超えたらハイ検挙ってなったら、それはそれで困るわけで。
そこいらじゅう犯罪者だらけになるやん(笑)。

そんなことをしたら常にスピードメーターを見てなきゃならなくなって、かえって危ないし。
後ろからアオってスピードを出させてネズミ捕りにハメたりする輩も出てくるかもしれない。



そういうわけで、この件に関しては、今のままグレーゾーンを暗黙のルールとしておくほうが
秩序を保てる最善策なのかなぁと思いますわ。



参考資料:
京都新聞・毎日新聞 2013年6月4日付夕刊